ウィルスはゼロ、食べ物もゼロ⁉︎ No virus, no food!?

フィリピンでは、感染者数は1000人になるかならないかというところです。やはりマニラやダバオという大都市に多いです。


でも感謝なことにビサヤ地方には少なく、その中でもボホール島は早くから(マニラと同時に3/15から)隔離をしたせいか、3月以降感染者数はゼロです。データが正確なのか、検査できないのかわかりませんが。


それでも隔離はどんどん厳しくなり、子供たちは二ヶ月近く出かけられませんでした。


私も本当は妊婦は外出禁止なのですが、あまりに運動不足なので夕方マスクをしてちょっと散歩したりしています。

犬のフンと車と警察を気にしながら歩いているのであまり気持ちよくはありませんが

2E060181-7444-4088-8CEC-B4CEF8DB6BC1.jpegパトカー。


一度、外出許可証もなしに警察の人たちの前を通りましたが、おとがめはありませんでした。

さすがに「お前、妊婦だろ!」と言って人を止めるのも気がひけたのかな(違ったらどうしよう、みたいな)


時間外に外出していたために逮捕される人などが相次ぎ、

家庭で礼拝をしていたうちのメンバーたちが役所の人におとがめを受けたり、

別の県では礼拝をして逮捕された牧師も。

うちにもいっぺん警察が来て、ガムが呼び出されたりしました。幸いその後は何もありませんが、迫害下の地下教会みたいです。


でもメンバーたちは相変わらず燃えていて、

新しく家の教会を始めたところが四ヶ所、子供ミニストリーを始めたところが二ヶ所あります。

(小さなコミュニティでは子供たちはみんな一緒に遊んでしまっているので、そういうコミュニティに住んでいるメンバーが子供たちを教え始めたり、

A215AD33-67A6-4083-B0B2-10FA7916963E.jpeg

一軒の家に何世帯か住んでいて子供がたくさんいる家で、04D4549D-1ECE-4A04-932F-75196575CCC4.jpeg5324EC3F-C7ED-49F9-ACCF-6F2DC93EDE43.jpegC4D002BA-4FD8-4099-A7CE-F94B6782B0DC.jpeg年長の子(写真手前)が自主的に始めたり)

ハレルヤ!


遠くて行けない、会えない人たちもいますが、リーダーたちが電話やメールやチャットなどで励ましています。



幸い、「強化されたenhancedコミュニティ隔離」は4月いっぱいで終わり、一ランク下がった「一般的なgeneralコミュニティ隔離」が月曜日から始まりました!


「一般的コミュニティ隔離」はどんなものかというと、

外出禁止時間は変わらず9pm5amのまま、

20才以下、60才以上(ボホールの場合は、18以下)、病気持ちや妊婦などハイリスクの人は常に外出禁止、 

エンターテイメントやイベントは禁止、

海水浴禁止、

モールは一部営業のみで人数制限あり、

飲食店は持ち帰りのみ、

バイク二人乗り禁止、

トライシクルの乗客は一人、

乗り合いバンなども乗客が制限されているため値上げあり、

などなど、


つまりあまり変わりません。

まだまだ厳しいことは厳しいです。


でも一部の仕事は再開したりするようです。


外出できない年齢などは

(enhanceでは15才以下だったのに)かえって厳しくなっていますが、そのぶん仕事はもう少しできるようにするということかと思います。


ボホールでは、月曜日、金曜日の昼間だけ

未成年者も外出していいそうなので、良かったです。

ビーチもプールもだめなので行けるところはあまりありませんが

月曜日、花を連れて散歩に行ってみました。65A1A731-4AB0-4D8D-B5C1-5728B83CD716.jpeg約二ヶ月ぶりに外に出た花。クラスメートにばったり!



ボホールでは、ウィルスの心配以上に、食べ物事情が深刻です。


隔離で仕事がなくなった人が多く、現金収入がゼロの暮らしが相当厳しくなってきています。


政府からの援助もあるようなないようなで、(うちは一度、数キロのお米と缶詰や石鹸のセットをもらったきり)


先に書いた子供ミニストリーの始まった何世帯か一緒に住んでいる家では、海に近いので貝を採って食べたり、

みんな何とかサバイバルしています。

816F70B7-1EA3-4B0A-ADC6-8839B3D98CFE.jpeg0509DBAF-DA9E-4552-B248-4540EDAF3D46.jpegこんなのとか。自宅にみんな持っているモリンガの葉とスープにします。


ガムは必要な人々に支援物資を届けて回っています。

5440AA04-5912-4C4F-A5BB-1C37FCA98D4F.jpeg

最初は自費で細々と教会メンバーに援助していましたが、ある求道者や義母のアメリカにいる支援者が寄付してくれたりして、お米を計18サックと、干物や生活必需品を購入して沢山の人に配ることができました。

ハレルヤ!


前は大丈夫そうだった人たちも、やはり仕事ができなかったり激減したり、大変になってきて、

あるメンバーは、自分たち一家も牛のフンまで売ろうとし、何とかしのごうとしていますが、それでも支援したお米を隣人に分けたというので事情を聞いてみると、


その隣人は、

夫は大工で仕事が全くなく、子供が6ヶ月の赤ちゃんから9人いて、

木を拾って薪を売ろうとしているけれど(といっても1束百円にもなりませんが)、妻はもう死にたいと言っている、

ということでした。


すぐにその家庭や他の困窮している家庭に援助物資を届けて話を聞いたり、お祈りしたりしました。




我が家は、ガムの仕事はダウンしているものの、クレジットカードで買い物をしたりもできるので大丈夫です。

まあいつもサバイバルだし

家賃も払え、電気も水もガスもあるし、感謝です。

いろいろな人が差し入れしてくださったりして、

こんなみんな大変な時なのに、と心にしみます。


おかげ様で家族も教会もみんな元気です!8D2A58AD-556B-478F-8470-9F35328A774B.jpegF31C2986-8F6F-456F-889B-B7D15A991EF4.jpeg各家庭で毎日祈り会をしています。
うちでの子供たちのクラス。
4616F8C7-D31E-4353-8846-D382BC30F2D2.jpeg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント