子どもたちの冒険とホームスクール Adventures & module days

ルカは二ヶ月になりました。親もびっくりするほどのスピードで日々大きくなっており、人々にも「え!これルカ?」とびっくりされます。新生児用のオムツが使い切れないまま、あきらめてSサイズに変えました。新生児用の服も着れなくなりました。お相撲さんみたいです。感情表現が豊かで、抱っこされたがりで、甘えん坊な感じでかわいいです。ノアは二歳半ですが、…
コメント:0

続きを読むread more

牧師感謝デー Pastors’ Appreciation Month

しばらく前ですが、牧師感謝デーということで教会のみんながサプライズで感謝の時をもってくれました。ウェディングケーキのような美しいケーキ、花束、私がちょうど必要だったサンダル、ガムにはシャツ、そして身に余る感謝の言葉をいただきました!ありがとう~(涙お金がない人々なのに…。こんなに良くしてもらうには値しないけれど、この人々のリーダーとして…
コメント:0

続きを読むread more

ビックリ特急安産 Meet baby Lucas!

無事第四子が産まれました。お祈りありがとうございます!^_^母子共にとても元気です。毎回、どんなトラブルがあってもおかしくなく最悪も覚悟しているだけに、今回も何ごともなくこうして美しいベイビーが出てきてくれ、こんな風に、見えないところでちゃんとすべて出来上がっていることが本当に奇跡で、こんな神様の恵みの大きさにも、こんな奇跡が当たり前の…
コメント:0

続きを読むread more

大まかな近況…

庭に作ったブランコ。真ん中は隣の子です。「共に仕えるために」という、教団の世界宣教委員会が毎年発行している宣教師の近況報告の冊子に原稿を書きましたので、それに加筆したものを載せておきます。1年分を1ページにするのは難しいというか大まかすぎて伝わらないかんじになってしまうのですが…でも全体像がつかめていいかもしれません。以下、原稿…。世界…
コメント:0

続きを読むread more

子供たちへの神様の働きUpdate

妊娠7カ月真っ只中です。おかげ様で順調です。男の子だそうで、よく動いています。おなかが大きくなったねと人に言われますが、自分で見ると、これでよく赤ちゃん収まってるなぁーという程度。赤ちゃんに場所を譲って他のものが入りきらなくなってるような気がします。。⁈フィリピンじゃなかったら、4人の子育てをしながらのミニストリーはムリ!というか、もの…
コメント:0

続きを読むread more

Ministry goes on! ミニストリーは前進中!

<BOHOL>ボホールは、New Normalになるはずが、感染者が出たため、今月末までGCQ(一般的コミュニティ隔離)継続になってしまったようです。みんなコロナに飽きてきたというか、そんなに長く緊張していられないので一時のような熱狂は冷めてきました。でもマスクその他は日常になって、公共の乗り物やお店には透明なビニールの幕が…
コメント:0

続きを読むread more

義父とボホールの様子 update of Pastor Gammie and Bohol

その後、義父の経過は順調です。一時、眠りっぱなしで心配しましたが、目が覚めてお粥も食べられるようになりました。脳内の出血も小さくなったそうで、もうすぐ普通病棟に移れるそうです。感謝! 目下の課題は病院費が高いことです。CTスキャンやICUが高いのか、フィリピン人に払える額じゃないよ〜。 この一週間ちょっとで50万円くらいかかっており…
コメント:0

続きを読むread more

義父が脳溢血で倒れました My father-in-law is in ICU

夫の両親と兄は、うちの隣りにあるボーディングハウス(アパートみたいなもの)に一部屋借りて、三人で四畳半くらいの部屋ながらこの数年、上手に暮らしてきました。義母は糖尿や喘息を持ちながらも、ラジオ番組を始めてからとても張り切っていて、元気いっぱいです。数年前におそらく軽い脳梗塞を起こし弱ってしまった義父(72歳)は、ソロソロと歩いてうちに来…
コメント:0

続きを読むread more

狂犬病の予防接種

うちに来た犬が子犬を産んで以来、うちには仲良し母子の二匹の犬がいました。基本放し飼いで、まだ注射も登録もしていませんでした。二匹とも性格のいい人なつこいタイプで、すぐなめてくるのでいつも大人にはしっしっ!と追い払われていましたが、ハナとノアは動物大好きで、特にノアはしょっちゅうたわむれたり、なめられたりしていました。その息子の方の犬が、…
コメント:0

続きを読むread more

つわりの乗り越え方(自己流)

私は、つわりは軽い方だと思います。毎回、食べづわりですが、なぜか太らず、子供たちはいつも小さいです。^_^;出生体重は、アリ2.5kg、ハナとノア2.8kgという感じでした。今まで一度しか、つわりでリアルに吐いたことがありません。吐きそうにはなるけど、吐かないです。いつもみんなにビックリされるほど元気な妊婦です。でも毎回、貧血にはなりま…
コメント:0

続きを読むread more

実はまた妊娠しています。まさかの四人目⁉︎

申し遅れましたが、現在、妊娠5ヶ月から6ヶ月にさしかかるところです。 妊娠は外出禁止だし、妊婦健診も産院ではお休みなので、まだ心音さえ聞けていないのですが、昨日初めて胎動を感じました!生きて、育ってるー、こんなにほっといてるのに!という、驚きと共に、申し訳ないような感じがしました…。43歳で四人目⁉︎ コントロールしてないのか…
コメント:0

続きを読むread more

ウィルスはゼロ、食べ物もゼロ⁉︎ No virus, no food!?

フィリピンでは、感染者数は1000人になるかならないかというところです。やはりマニラやダバオという大都市に多いです。でも感謝なことにビサヤ地方には少なく、その中でもボホール島は早くから(マニラと同時に3/15から)隔離をしたせいか、3月以降感染者数はゼロです。データが正確なのか、検査できないのかわかりませんが。それでも隔離はどんどん厳し…
コメント:0

続きを読むread more

自宅隔離中のアクティビティ Home quarantine activities

ついに全住民の自宅隔離がおとといから始まりました。四月半ばまでとは言われていますが、本当にいつまでになるかは、まだまだわかりません。基本的には24時間誰もが出られないのですが、一家に一人だけこういうパスを発行され、買い物などに出ることができるそうです。うちは、ガムだけ。日用品セットと共に各家庭に配達されました。私の名前にしとこうか?とガ…
コメント:0

続きを読むread more

ボホールでは町ごとの外出禁止令が出ました。

 Quarantine, lockdown, curfew という耳慣れない言葉があっという間に流行語のようになり、Social distancingもちょっと日常化してきたこの頃です。人と人との距離は1メートル、と聞いて、聖書学校の「男女の距離は1メートル」を思い出したのは私だけ…ボホールは、ロックダウン(ボホールへの出入り…
コメント:0

続きを読むread more

フィリピンのコロナ事情アップデート

ボホールではあまりマスクをしている人もおらず、みんな割と普段の生活をしていますが、大抵の学校は休校か早めの夏休みに入りました。花もどのみちそろそろ休みです。(こちらの夏休みは四月半ばから六月までです。)大きなイベントなどは中止になっています。集会を自粛する教会もありますが、多くの教会は今のところ普通に活動しています。うちの教会は各地での…
コメント:0

続きを読むread more

年度報告とフィリピンでの新型コロナ状況報告

教団への年度報告書に書いた文章もついでにアップしておきます。<2019年度報告>一年の感謝: ボホール島タグビララン市で牧師として夫婦で仕えさせていただいて二年が経ちましたが、この間に約100名が洗礼を受けました。よい信徒牧会のシステムと、リーダーたちの熱心な伝道の賜物です。新しく救われた人々の中からしっかりとしたリーダーが…
コメント:0

続きを読むread more

久々のニュースレター

なんとニュースレターが一年ぶりになってしまいました!ごめんなさい。しかもメルアドを変えてから沢山の方々のアドレスがわからなくなってしまい、メールでの配信も今のところしていません。ご希望の方はお知らせ下さい。ニュースレターはこちらから見れます。見られない場合のため、ほぼ同じ文章(加筆あり)を下記に載せておきます。https://looka…
コメント:0

続きを読むread more

House Churches 家の教会

<家の教会、始まる> 神様の時が来るだろうと思っていましたが、それが来ました! きっかけはまず、教会員を送迎できる車がなくなってしまったこと。 (仕事で運転手をしていたエフライムさんが、車の月賦を払えなくなってやめたため。 私たちも今はバイクしか持っていません) パングラオの人々は来づらくなってしまったので、パングラオでも礼拝…
コメント:0

続きを読むread more