Kyodan News' Article 教団新聞記事原稿、近況メール原稿

日本キリスト教団が出している、海外用の教団ニュースレターに
私たちの働きが紹介されましたので、
一応ここにもその原稿を載せておきます。
あまりまとまっていなくてすみません。
記事の方では英語は少し直してくれたみたいです。


My name is Ayako Ogawa Beltran.
I worked as a single woman pastor in Japan and then as a missionary in Cambodia
until I met a Filipino evangelist there.
After we got married I moved to Philippines and
started ministry together with my husband as evangelists of Bohol Gospel Saturation Project(BGSP).

BGSP is a church planting movement started by his parents
which aims to plant house churches all over Bohol,
Philippines and beyond.

I’m very excited and overjoyed that God has been using me in His ministry here.
Such a privilege that this little Japanese can go to isolated islands or even to
tribal people in mountains to participate or conduct evangelistic events!

I found my ministry can go deeper
and a lot of opportunities and friends are given me as I have a local evangelist partner.

Without hesitation of bringing “foreign” things,
I’m now more confident to teach and share whatever I have.
画像

Since it’s a house church movement,
our pastors and workers are basically tent-makers;
some of them are fisher mans, some of them are builders, some have small businesses.
They do struggle financially but so passionate about God’s work
that they use all they have for the ministries.

I and my husband also live simply like them and I’m getting to understand
more about their lives, struggles and happiness.
And our church and BGSP workers treat me as a team member
as we do evangelistic events or go for a mission trips together.
I feel that I’m really accepted as one of them.
That’s what I wanted!




Basically I and my husband travel a lot because we are to help local churches’ activities
and if anybody invites us for preaching, training, Bible study or workshop,
we’d go anywhere.

When we are at home, I have a daily Bible & recorder class for children
and help our church’s free preschool.

Actually all the activities take place at our house
since it’s a house church and house preschool!




Filipino children are so eager to learn.
After some kids came back from a kid’s camp,
they taught their friends all the memory verses, songs and dances they learnt.
In the end, all the neighborhood kids learnt the songs
and they sang them loudly as they visited us everyday.

They are very friendly and sweet.
Often we come home to find some letters by the window
written on a piece of cardboard or toilet paper saying,
”We love you Ate Ayako & Kuya Jun Jun” (Ate & Kuya mean elder sister & elder brother).

When I see these children eagerly practicing drawing, recorder,
even writing Japanese letters which they copied from my broken laptop’s keyboard,
I feel that there are so much needs
that we can fulfill as they lack of opportunities.

We could open a home library/art space for children.
Or we could make a library van to go around Bohol.
We could make a park. We could create some jobs for their parents
so that they can go to school...
Thank God we have child sponsorship with the help of Korean church
that helps their schooling.
Also we gave children some lectures about how to protect themselves from crimes.




For now, I am trying to make some needed materials such
as story-telling materials, manga tracts or children’s books.

We are also preparing to produce songs, films and and later broadcasts
for world-wide evangelism and trainings since we have those creative back grounds
and believe that’s God’s call for us.




We are also hoping and believing that our church will plant more house churches
and expand their ministries more and more.

Even though it’s not a big church, our members are already well-trained
and everybody is passionately participating with what they have got.

Some families have opened their houses for outreach ministries
and one family has been praying for starting a new house church at their house.
Every Sunday afternoon, 2 youth go to an outreach place
to gather and teach children about Jesus,
while people left in the church handle Kid’s Super Sunday.

Passion of bringing the Gospel to the struggling people is a really a core of our ministry here
--there is not much strategy, theology nor theory, not much plannings nor budgeting--
but only method is love, passion and listening to Holy Spirit’s guidance.



訳すのは面倒なので、似たようなことを書いた(?)最近の
近況報告メールもここに載せておきたいと思います。



皆様いかがお過ごしですか?

(このメールは一斉メールでお送りしています。)

いつもお祈りいただき、ありがとうございます!

おかげさまで私は元気にフィリピンの地で奉仕させていただいています。

キャンプのお知らせをかねて近況報告をさせていただきますと

(詳しくはまたニュースレターをお送りしますが、かいつまんでの近況…)

宣教師またエバンジェリスト、牧師夫人としての
たくさんのミニストリーに日々追われながらも、
かねてから思いを与えられていた日本の方々のための受け入れの働きや、
伝道のための絵本製作も進めることが出来ています。

最近は夫の家族と共にカンボジアに一ヶ月行くこともできました。
その間に教会もますます自立し成長しており、感謝です。


たくさんのことが日々起こって、お分かちしたいことは本当にたくさんあるのですが、
家にインターネットがない上、私のパソコンが壊れたこともあり、
なかなかお便りをすることもできず申し訳ありません。
でもいつも日本の方々のことを思っています。

私の最近の心境をまとめてお伝えするならば、落ち着くひまもない変化の中ではありますが、
「日々良くなっている」という感じがします。

ミニストリーにおいても、これが私の本当にしたかった働きだという実感を覚えています。

宣教師チームの一員としてカンボジアで働いていた時以上に、
(あの時もよい仲間とケアに恵まれ充実した日々ではありましたが、
「宣教師(外人)」の範疇に入れられてしまいカンボジアの人々の中に溶け込めきれない
もどかしさはありました。
また教会が自立していく段階の働きだったため、宣教師が自ら何かをするよりも教会がするように
励ます役割でした。)

今は現地の人々、現地の教会の働きにどっぷりと浸り、暮らし向きも彼らと全く同じで、
まさに一員となることができている感じがします。

それゆえ「外から来た者がこれをしてはいけないだろうか…」というようなためらいもなしに、
現地の人々と同じように全力で、持てるものすべてを用いて
主のために奉仕することが出来るようになったことが、なんだか嬉しいです。

もちろん今も、教会を育てることを夫と共に常に念頭置いて働いていますが、
それと同時に直接語ったり賜物を用いての働きをする場も多く、
とても感謝&光栄に思っています。


また、同じビジョンを持つさまざまな仲間が最近急に与えられ、
神様が私達を進むべき道に導いてくださっていることを感じます。

そんな恵みのひとつとして、このたび与えられた日本人クリスチャンのご夫妻(KGK仲間)と共に、
日本の方々向けのキャンプを開催することになりました。

ボホール親子キャンプという名前です。

日本で外遊びが出来ない子供たちや、夏休みだけでも保養にと考えておられる方々、
また将来的に長期保養を考えておられる方々の役にも立ちたい、そんな願いでのキャンプです。
またお手伝いをして下さるボランティアも募集しています。
締め切りまであまり時間がなくて恐縮ですが、ぜひ皆さんの周りの方々にアピールしていただき、
この機会をお用いいただければ感謝です。

詳しくは前の記事をご覧ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

ベルトラン小川文子
Ayako Ogawa Beltran


ボクシング教習中。
画像


ベルトラン・ミッション・パートナーズ

日本住所:〒155-0032世田谷区代沢2-13-13

現地住所: 47, Lamdagan St., Cogon Dist., Tagbilaran City, Bohol, Philippines 6300

Gam & Ayako Ogawa Beltran

Email: beltranmission@gmail.com  / ayakocambodia@yahoo.co.jp    

NEW! 振込先が変わりました。 ゆうちょ銀行10520 2620851オガワアヤコ    

他行からは058普通02620851

"Kyodan News' Article 教団新聞記事原稿、近況メール原稿" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント