つわりの乗り越え方(自己流)

私は、つわりは軽い方だと思います。

毎回、食べづわりですが、なぜか太らず、

子供たちはいつも小さいです。^_^

出生体重は、アリ2.5kg、ハナとノア2.8kgという感じでした。


今まで一度しか、つわりでリアルに吐いたことがありません。

吐きそうにはなるけど、吐かないです。


いつもみんなにビックリされるほど元気な妊婦です。

でも毎回、貧血にはなります。

その他は、実はいろいろあるのかも知れませんが、検診が日本のように行き届いていないため、発見されないのかも?知らぬがほとけ?みたいな状態です。

毎回フィリピンで産み、自然分娩、安産です。



今回ようやく、自分のつわりの乗り越え方パターンがわかってきました。

フィリピンにいるし、人それぞれなのであまり誰かの参考にはならないかとは思いますが、私の場合のつわり対策。


  1. 1. お米を食べる


私はもともと米よりも粉物が好きなのですが、なぜか妊娠中はパンやパスタなどをご飯代わりにすると気分が悪くなりやすく、ライスを食べると元気です。

身体が冷えるから?

消化が早すぎるから?

糖分も同じように気分が悪くなるので、血糖値とかインシュリンの関係?

よくわかりませんが。


第二子の時には、どうもご飯を受け付けなかったのですが、無理して食べていました。幸い今回は、ご飯が無理!とか醤油が嫌!とかがないので助かります。

ご飯がない国の人はどうなんかなぁ…。



  1. 2.  気持ちが悪くなってきたら、食べる。


気分が悪いので食べたくないのですが、実はお腹が空いているのが原因なので、

あえて食べる。と、あら不思議、すっかり元気に。

典型的な食べづわり

出かけるときはクラッカーなどを持っていきます。



  1. 3.  吐きそうになったら深呼吸

  2. においなどで吐き気をもよおすことがありますが、うっと来たらハンカチタオルなどで口と鼻を覆ってしばらく待つとおさまります。息を止めるより、あえて深く呼吸した方がいいみたい。
  3. 妊婦しか知らないマイナーなめんどくさいことの一つは、歯磨きのたびに吐きそうになることです!歯磨き粉やいい香りのシャンプーなど、通常は使わないものも妊娠中は助かります。


  1. 4.  体がだるい時は動く

  2. なんだかムカムカして気分が悪い時は、休むよりむしろ料理などをする。


血流が悪くて貧血気味なのが原因なので、エアコンの部屋で横になって休んだりするとますます具合が悪くなることが判明。

疲れない程度の立ち仕事、ちょこちょこした片付けなどで体を動かすと、

かえって楽になります。



というわけで、まとめると自分の気分や感覚に「あえて」逆らうようなことが良かったりするかんじ。意志力がいる〜⁉︎

09FE737C-2708-4C8A-8CBE-39DCF8C77D50.jpegハイビスカス。

日本とアメリカに散らばっている家族とグループチャットを始め、散歩中に撮った写真を送る習慣が出来ました。

散歩の励みになります!


その一方で、食べたいものにはさからえない!し、逆らってないです〜!

妊婦の「あれが食べたい」はすごいパワーです

毎回違うし、毎週のように変わるのですが、

今回はこんなものが唐突に食べたくなり、

周りのフィリピン人は食べないようなものばかりなので、

勝手に自分一人だけ作って食べてたりしました。




まず、

パクチー。誰も食べない…(

一人でひと束食べたら、さすがにもういいよ、って感じに。


それから、もやしもたまに食べたくなりますが、他の誰も食べないので、買うと全部自分で食べないといけないです。


キューピーのごまドレは、衝動買いしたらガムも喜んでいました。

アメリカンドッグみたいなもの、これは作ったらみんなも食べました。ハナは皮むいてたけど。


バター、高いので誰にも分けない気満々でしたがしばらくしたら飽きました。


韓国ラーメンしか食べたくない時期はしばらく続きました。


タイのパッタイ、ベトナムのフォー

マレーシアの麺チャークイテャオ、

日本のラーメン、

パスタ(エンジェルズヘアーのアラビアータ)など、

変わった麺類が無性に食べたくなって、夜中にどうにも止まらなくなって作ったりし、

でも麺だけだと調子が悪くなるのであまり続かず。


お好み焼きも作ったけど誰も食べず!


前は買ったことのなかったトマトの水煮缶もやたら良く買いました。


辛いもの、味の濃いものも食べやすかったり。


ステーキ。る日突然猛烈にジューシーな肉が食べたくなり、日本で食べられるような分厚いステーキとはいかないですが、薄いステーキ用牛肉を珍しくゲット。

フィリピン人はなま焼けっぽいものは嫌いで、カリカリに揚げたりするのが好きなので、一人分だけ先にさっと焼いて食べよ、と思ったらあんまり美味しいのでまた一枚、また一枚と焼き、結局一人で三枚も食べてしまいました。ははは。


ポークチョップも似たような感じで一度買って焼きました。


ハッシュドビーフも先日突然思い出して食べたくなり、ありあわせのソースとポークで作りましたが好評。


大根おろし、にんにく漬け、

わさびポテトチップスにハマった時期も。


なんか日本食、洋食など、普段食べないものが食べたくなるようです。ガムは変わったものが好きなのでいいのですが、同居人たちは味のキャパが狭いタイプのフィリピン人たちなので、私が変なものばかり作ると困惑しております。つか食べません。ハナの時はバーガーやサンドイッチに飢えたりしたのですが、今回は日本食なら何でも食べたいなぁ…。


その代わり、甘いものは口が酸っぱくなるのであまり好まなくなり、

前は毎日のように飲んでいたコーヒーも欲しくなくなりましたが、

食べられないものは今回はなく、

あまり食べたくないものは魚くらいでしたが今は美味しく食べられます。


自宅隔離がちょうどつわりの時期の終わりに重なっていたので、食べたい料理を作ることが普段よりできたりして、良かったです。お腹はそのせいか、5ヶ月にしては大きい気がします。

そうしたら子供たちも料理を手伝ったりするようになりました。

ハナがやる気なので、朝ごはんを作る担当に任命したら、本当に寝ぼけながらも猛然と起きてやってくれました。


みんなに支えられて5ヶ月目を過ごしています。ちなみに、ようやく健診に行ったところ、

男の子だそうで、

予定日は9月半ばあたりだそうです。

お祈りありがとうございます!

ここまで守られて感謝しています。

D1707B44-0408-4624-B6A9-1122AB00D53B.jpeg名前を知らない植物。

"つわりの乗り越え方(自己流)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。