牧師感謝デー Pastors’ Appreciation Month

しばらく前ですが、牧師感謝デーということで教会のみんながサプライズで感謝の時をもってくれました。

D495F196-B679-4EC1-9DE9-3767E89D3CAF.jpeg

ウェディングケーキのような美しいケーキ、花束、私がちょうど必要だったサンダル、ガムにはシャツ、そして身に余る感謝の言葉をいただきました!ありがとう~(



お金がない人々なのに…。


こんなに良くしてもらうには値しないけれど、この人々のリーダーとしてもらっている恵みに、

みんなの愛に、

ふさわしい者にならなくては、と思わされました。

9E8B1DFE-93D4-4307-AFBC-00AD63A761E1.jpeg

‘We are unworthy slaves; we have done only that which we ought to have done.’ 

Luke 17:10 NASB


『私たちは取るに足りないしもべです。ただ、するべきことを果たしているにすぎないのです』

ルカによる福音書 17:10  



この人々を与えてくれたのは神様、

この教会に仕える特権を与えられているのも、

ただただ神様の憐れみです。

9E38DA6A-CAD9-4FCE-97E6-4F6EFEE093AE.jpeg


この聖書の箇所が頭によぎりました。


「あなたが失ったと思った子らは

再びあなたの耳に言うであろう

場所が狭すぎます、住む所を与えてください、と。


あなたは心に言うであろう

誰がこの子らを産んでわたしに与えてくれたのか

わたしは子を失い、もはや子を産めない身で

捕らえられ、追放された者なのに

誰がこれらの子を育ててくれたのか

見よ、わたしはただひとり残されていたのに

この子らはどこにいたのか、と。 


主なる神はこう言われる。見よ、わたしが国々に向かって手を上げ

諸国の民に向かって旗を揚げると

彼らはあなたの息子たちをふところに抱き

あなたの娘たちを肩に背負って、連れて来る」

イザヤ49:20-22


“The children of whom you were bereaved will yet say in your ears, ‘The place is too cramped for me; Make room for me that I may live here. ’ Then you will say in your heart, ‘Who has begotten these for me, Since I have been bereaved of my children And am barren, an exile and a wanderer? And who has reared these? Behold, I was left alone; From where did these come?’ ” Thus says the Lord GOD, “Behold, I will lift up My hand to the nations And set up My standard to the peoples; And they will bring your sons in their bosom, And your daughters will be carried on their shoulders.”


Isaiah 49:20-22 NASB


55B47E24-F123-4C25-868D-AED6943B38B8.jpeg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント