年度報告とフィリピンでの新型コロナ状況報告

教団への年度報告書に書いた文章もついでにアップしておきます。


<2019年度報告>


一年の感謝: ボホール島タグビララン市で牧師として夫婦で仕えさせていただいて二年が経ちましたが、この間に約100名が洗礼を受けました。よい信徒牧会のシステムと、リーダーたちの熱心な伝道の賜物です。新しく救われた人々の中からしっかりとしたリーダーが育ってきた二年目でした。


働きの現状ボホールはフィリピンの中でも特に献身的なカトリック教徒の多い場所で、一般的にプロテスタントへの偏見や風当たりが強かったり、家族や親戚から迫害されたりはしますが、日本よりは宗教そのものへのアレルギーがないので伝道はオープンに大胆にできます。


私たち家族も教会員たちも、手探りで学びながら、また経済的困難と闘いつつも、楽しく主に仕えています。


また9月から家の礼拝が各地で始まりました。現在タグビラランの礼拝には60名ほど、祈り会には40名ほど集い、7か所での家の礼拝には平均10名ほどがそれぞれ集っています。遠いものではバイクで片道3時間かかる場所もあり、何度かバイク事故にもあっています。ボホールは交通事故が大変増えているので、担当者たちは毎週ある意味命がけで福音のために出かけていっています。


また、二人の宣教師(ドリーナ姉(カンボジアへ)とロメル兄(日本へ))を送り出す恵みが与えられました。様々な場所での御働きに貢献させて頂ける教会に成長してきています。


かねてから祈っているメディアによる伝道も、少しずつ準備が整ってきました。教会の一室にスタジオを作り、カメラやパソコンも購入しました。

8C1E5CFC-2E43-41A6-9DC0-D32E06546791.jpegスタジオにてポーズ。


家族の近況:私たち家族と、若いメンバーたち4人が現在教会に住んでいます。ガムはよくリーダーシップをとっていますが、寝る暇もないほど多忙で、常に非常時のような生活です。子どもたちは教会の皆に愛されて健やかに育っています。ただ、日本語を聞く機会がないため日本語があまりできません。日本語教育のため、また「子供の居場所」の再開のためにもお手伝いいただける方を募集したいと思っています。


祈祷課題:1. 人々の救いのために。人生が変えられるところから地域全体が変えられていくように。新しくクリスチャンになった人々が迫害や誘惑に負けずに主と共に歩めるように。2. 教会の経済状態が好転するように。よりよい礼拝の場所、車が与えられるように。3. 多忙なリーダーたちが守られるように。


  1. ボホール島に来た旅行者が入院したため、タグビラランには新型コロナウィルスの患者が三人出ています。感染が広がらないように。


感謝して



追記: コロナに関しては、これを描いた時点ではかなり話題になっていましたが、その後感染は広がらなかったようで、ボホールでのコロナ騒ぎは終息してきたように思います。ハレルヤ!


ただフィリピン全体として、中国(香港、マカオを除く)、韓国の一部との間で渡航が禁じられていたりするので、観光業は打撃を受けているかと思います。


最初の頃はみんな極端に過敏になっていて、病院を訪れたり乗り合いバンに乗ったりすると、

「あれ?もしかして怖がられてる!?」

ということがありました。

私は中国人に見えるので(笑


中国人でなくても、外国人はみんなちょっと警戒されているようで、アメリカ人の宣教師ダリサイさんも「私も一緒。最近海外に行った人は危ないと思われてるみたい」と言っています。

病気の人に手を置いて祈ろうとしても怖がらせるだけなので、ダリサイさんと一緒に毎週していた病院訪問も、休止中です。


でも最近では過剰反応は収まってきたようで、恐れにとりつかれているような雰囲気はなくなってきました。


日本では学校が休校になって、子守もいないしどうしよう!とお困りの方もいらっしゃると思います。

ボホールにしばらく来たら!

と言いたい気持ちでいっぱいです。

子供たちをお預かりして子供キャンプでもしたいです。

もちろん大人も、休みに来てくれたら嬉しいですが…。

何かお手伝いできることがあれば、お知らせください!



以下、領事館のメールから引用しておきます。


在フィリピン日本国大使館


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関し、(略)…現在のフィリピンへの制限は以下のとおりとなっています(正確には,下記リンク先,その他フィリピン当局の情報を確認願います。また,フライトが変更又は中止される可能性が考えられますので,運行状況については各航空会社に確認願います。)。
(1)フィリピンへの入国制限
ア 永住ビザの所有者,フィリピン人の外国人配偶者又は子供,外交ビザの保有者以外の外国人は,過去14日間以内に中国,香港,マカオ,韓国大邱広域市及び慶尚北道清道郡に滞在歴のある場合は入国及び乗継ぎを禁止。
イ 過去14日間以内に中国,香港,マカオ,韓国大邱広域市及び慶尚北道清道郡に滞在歴のある永住ビザの所有者,フィリピン人の外国人配偶者又は子供,外交ビザの保有者の外国人は,14日間の検疫を条件として,入国が認められる。

(2)フィリピン国民に対する渡航制限
ア フィリピン国民については,中国(香港,マカオを除く)への渡航を禁止。
イ フィリピン国民のうち,香港,マカオ,韓国の永住者,これら国・地域への留学生,これら国・地域への労働者以外の者については,これら香港,マカオ,韓国への渡航を禁止。
ウ フィリピン国民のうち,香港,マカオ,韓国の永住者,これら国・地域への留学生,これら国・地域への労働者については,関連するリスクについて認識し,理解したことを示す宣誓書に署名することを条件に,これら香港,マカオ,韓国に渡航することが認められる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント