子供の居場所, アリ幼稚園 House of Kids, Ali's kinder etc.

<子供の家、再スタート>
House of Kids re-started

ようやく、子供の居場所を再開しました。
今度の名前は「バライ・サ・マガバタ(ビサヤ語で「子供の家」)」です。
画像

まだあんまり整っていないのですが、準備しながらぼちぼち始めちゃったという感じです。

今回は子供の遊び場所だけでなく、音楽や語学などを習いたい人のためのならいごと部屋もあります。
そこで今は日本語を二人の子に週一回教えています。
遊び部屋は、2歳の子が二回来てくれた以外はうちの子たちがまだメインです^^;。

場所はカルセタ通りにある教会兼自宅です。
学校も近くにあり、わりといい場所だと思いますが、
道路工事中で道が封鎖されているのもあり、
それほど宣伝もしていないのであまり知られていません。
画像

しかも道路工事のクレーン車に、せっかく作った看板を壊されました。。もう!
工事が終わるまで何もできないかんじです。

私はあと1ヶ月で出産なので、出産後はあまり外に出て動き回れない分、
この「子供の家」でいろんな子供たちと出会っていければ、と思っています。

この場所が用いられ、神様と人のために役立てられますように!
ぜひお祈りください。
画像

でもまたひっこすかも・・・^^; !?
その場合はそこでまた始めるのでいいのですが。とほほ。



<幼稚園>

アリは、近くの公立の幼稚園(年長)に行き始めました。(こちらでは6月に始まります。)
午後の部なので1時から4時までで、生徒は20名前後みたいです。
総ビサヤ語なので、先生の言っていることもまだほとんどわからないと思います。

二日目に、1時間も前に一人でかばんを背負って行こうとするほどはりきって行ったのに、
他の子供たちになぐられたり髪をひっぱられたり!?したそうで、かわいそうに。

いろいろとストレスは大きいと思いますが、
それでも楽しそうに「学校、よかったよ~!」と言って帰ってきます。
(カミギンの幼稚園と違って父兄は幼稚園で待っていないので、私たちも送り迎えだけしています)

今はほとんど英語しか話せないアリと花ですが、
そのうちビサヤ語もぺらぺらになることでしょう。

花も「学校」に行きたがり、ほぼ毎回はりきってわざわざ黒い靴
(アリの制服は白シャツ、黒い半ズボン、黒い靴)
をはいて、アリに着いていっています。
そこの幼稚園にはナーサリーがないので花はまだ入れませんが、
ちゃっかりまぎれて座ろうとしています。
Hana's Birthday
画像


<不可解なエンロールメント>

こちらの学校は、6月が学年の変わり目です。
公立でも、入学や新しい学年にあがるのが自動的にできるのではなく、
「エンロール」するためにいろいろ課せられます。
アリの場合は親が学校の清掃作業4時間。ガムが行って、ハチに二箇所刺されて帰ってきました(笑。
他にもいろいろと必要なものを買って来いとか言われ、結構お金がかかります。
(私立の教科書代よりは安いけど…)

教会の学生たちが
お金がなくてエンロールできないとか言って悩んでいるので、
どういうことかと思ったら、
いろいろ作業をしたり学費を払ったりする以外にも、
前の学年で欠席が多かった子などは、
「特別プロジェクト」が課せられるそうです。

「スペシャルプロジェクト?なんだか楽しそう」とか思ったら、そうではなく、
「先生のためにこれこれのボールペンを8本と、この教科書を200ページコピーして来い」
とか、そういう「特別お金のかかるプロジェクト」みたいです。変なの~。

教会の高校生が一人、
(家で虐待されているのでずっと「うちに住めば?」と勧めていたのですが、
なかなか決心がつかずにいた子)
お金がなくてもう今年は学校行けない、とか言い始めたので、
エンロールに必要なものを全て肩代わりし、
うちで住み込みで働くかわりに学費や必要経費、お小遣いを出す、
ということになりました。

この忙しくまたお産の時期に助けが与えられて感謝ですが、
なんだか気の変わりやすい子なのでいつまで続くことやら・・・。

他にも数人の学生のエンロールメントをちょっと援助しました。
一人の子は、親にお金がないためにこれまでに二回ほど学校に行くのをやめていて、
またやめないといけないかも・・・の瀬戸際だったので、
どうにか今の学校に残れたと聞いて嬉しかったです。
(でも学校にまだ借金があるらしいですが・・・)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック