Ayako Mission 小川文子ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS Boholに戻って−忙しくも恵み満載の2月でした!Back to Bohol

<<   作成日時 : 2018/03/23 01:09   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

どたばたしていた日本巡回も終わり、1月末にフィリピンのボホール島に戻りました。
We are now back to Bohol...!
新しい生活と働きが始まって、どんな風になるのだろうと思っていましたが、
思った以上に(神様の波に乗るようなかんじで)どんどんうまく物事が進んでいます。
Thank God! Everything is smooth. New ministry and new life started with God's wave!
住む家は、とりあえず教会に住むことになりましたが、
最低限のリフォームをしたり、大工さんをやとって家具を作ってもらったりした結果、
少し住みやすくなりました。

大工さんたちは2週間近く滞在して働いてくれていたので、アリはすっかり
大工仕事にはまり、いろいろなものをトンカン作っています。

近況をまとめて書く時間がなかなかないので、
帰国から今までの流れは、頌栄教会に送った原稿を手直しして載せます。
以下・・・。


結婚当初3年間住んでいたボホールに3年ぶりに戻り、
夫の両親と兄が牧会していた2教会(タグビララン、パングラオ)を実質引き継ぐことになりました。

(実質というのは、私たちは南部バプテストの外でボホールで別の開拓を一から始めようかと考えていたのですが、両親たちと教会がそれにくっついてきた?というか、
彼らも南部バプテストを出て私たちの働きに加わりたいということになったので、
本当は引き継いだわけではないのですが、実質はそうなりました。。)
We were thinking to start a new church,
but are invited to be pastors of Tagbilaran church and Panglao church
which we ministered before for 2 years.

祈りと断食によって霊的な妨げ(特にガムや子供たちが具合が悪くなったり)
と闘いながらも、新しい働きはわりとスムーズに始まりました。
主に感謝!
画像

特に最初に夫が行った2日間のセミナーによって、教会はとても燃やされています。
After 2 days seminar by Gam, the church members are very on fire!
画像
特に中心となっている若い人々は、全てをよく吸収し、
教えられたことを実行して毎日よく聖書を読み、祈り、生き生きと神様に仕えています。

礼拝中の証しの時間にも次々に新しい証しをする人が立ち上がり、恵みの分かち合いをしています。
There are many new testimonies in every worship services.

パングラオ島一周の祈り歩きに参加した16名も、御声を聞いたり幻を示された人々もいて、
霊的な働きに関与する喜びに満たされていました。
16 members who joined prayer-walk were also very blessed.
How wonderful to be involved in His ministry!

また、私も教会の女の子たちと関係作りをしたいと思っていたところ、
ちょうど国体がボホールで開催され(学校が宿泊所として使用されるため)
学校が二週間休みになり、その間毎日「女の子セルグループ」の活動をすることができました。
I did 2 weeks daily basis cell-group with girls,
because they had 2 weeks-holiday.
I was very encouraged by their growth and love towards God
and towards me too:-)
It was really fun to study Bible, cook, go out for evangelism and
work for church renovation
together with those girls who are mostly laughing, sometimes crying,
but always eager to serve God.

家庭で迫害や虐待にあっている子達もいて時には泣き、時には笑いが止まらなくなりながら、
祈りあい、聖書を学び、一緒に公園に伝道に行ったり、教会の壁を塗ったりして、
画像
とてもよい関係が築けてきただけでなく、彼らの成長に驚かされる日々となりました。
私自身も言語や年齢の壁があってやや不安だったのが、
ああ、神様がしてくださるんだ、やっていけるんだわ、と励まされハレルヤです。


Dance Worship every Saturday is very powerful too!
画像

ダンスの賜物のある子が2−3人いるので、毎週土曜日に
ダンス礼拝も始まりました。
人に見せるためではなく、主にささげるためのダンス賛美!
これがとてもパワフルな礼拝で、私は踊れないけどとっても気に入っています。
そこでお話もさせてもらいました。
画像


International(English & Japanese) worship also has been started.
日曜日午後3時半からの、日本語ー英語礼拝も始まりました。
It's somehow different... differently nice!
画像

朝の熱気ある礼拝とは異なる雰囲気で、静かな中に聖霊の語りかけを感じられる礼拝です。
この礼拝も用いられますように!


そんなこんなであっという間に2月が終わり、
3月には、頌栄の皆様にもお分かちしたリバイバルの起こっているを学びに行くツアーを行いました。

教会の中心的な人々13名と、日本からもI先生が参加され、
クライスト・ザ・ヒーラー教会の活動を見学させていただきました。
でも見学というよりは一人一人がその中で取り扱われる時となったと思います。

この旅についてはまた別に書きます!!すごい旅でした!
We also went to Davao to experience revival!
It was really wonderful trip.
I will write about it next time...

ボホールに来て、カミギンと違うのは、夫の家族(両親と兄)がほぼ同居していることです。
これで助かっているのは、

1.義母が料理をしてくれる

2.義兄がアリの家庭教師をしてくれる

3.出かけるときに子守をお願いできる人がいる

ということです。

(食費や家庭教師代は払っていますが。)

それなので、ダバオに行くときも子供たちを残していくことができました。
置いていきたくなかったけれど、連れて行っても何もうまくいかないだろうし
陸路と海路で20時間弱の旅はかわいそうだろうということで、
アリは納得してくれ、花は最後まで「行っちゃだめ〜」と言っていましたが、最後にはわかってくれました。
こんなに長く離れたのは初めてです。
幸い子供たちは健康も守られて元気にやってくれていたようで感謝でした。
義母は疲れて病気になりかけましたが^^;、
ちょうど義姉のドリーナが数日間ヘルプに来てくれたのでセーフでした。

ちなみにガムたち12人は20時間くらいかけて夜行船とバンで行きましたが、
私は一人だけ往復飛行機で行きました。妊婦(5ヶ月)なので。
タグビラランーダバオはあっという間でとっても楽でした。
おかげさまでおなかのベイビーも元気です。
Anyway thank God for Gam's family who are now with us
and taking care of our kids so that we can travel like this, and do more for ministry.


他にも二人、先に飛行機で帰った人がいましたが、
この二人は機内で出会った眼科医の女性に伝道して、
タグビララン空港に着いたとき、その足で女医さんも一緒に3人で教会に行ったそうです。
(ちょうど日曜日の朝だったので。)
すごーい!
さらにその女医さんが次の週には夫を連れてきました。

そんなかんじで、みんな、ダバオでさらに
神様に仕える情熱に燃やされて帰ってきました。
We are even more on fire after Davao trip! Hallelujah to the Lord!

書ききれないので、とりいそぎこのへんで〜。
お祈りに感謝します〜!!!

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Boholに戻って−忙しくも恵み満載の2月でした!Back to Bohol Ayako Mission 小川文子ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる