Ayako Mission 小川文子ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋田、宇都宮への旅 Akita and Utsunomiya Trip

<<   作成日時 : 2018/01/20 18:44   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

日本巡回の時はいつもそうなってしまうのですが、またなかなかブログが書けないうちに、
ものすごく書かきたいことがたまってしまいました。
なにしろ次から次へいろいろなところへ行き、
それぞれとても濃い時をすごさせていただくので、
頭もついていかないのです・・・。


大阪のあとは、私だけで秋田に行きました。
きりたんぽでお出迎え!
画像

男鹿はこんこんと雪がふっていましたが、
皆さんのお心遣いのおかげで部屋もいつもあたたかくしていただき、
そんなに寒い思いはしませんでした。
埼玉では高くて買えないお野菜などを毎食たっぷり食べさせていただいてとっても幸せでした。
画像


男鹿にある脇本教会では毎朝6時からの祈り会をしておられるのですが、
面白いのは(といってもこの教会にとってはとても自然)
その祈り会後に残れる人はみんなで朝ごはんを食べることです。

この教会は牧師も教会員も共に教会の働きにフルタイムで仕えておられ、
チームとして一丸となっていろいろなことをしておられるので、
一日三食一緒に食べることがあってもそれも自然なくらいです。
まるで家族!
先生方やジャネット宣教師を含め何人かの教会員もシングルなのが
かえって利点なのかもしれませんが、でも家族ぐるみでこれをやってもいいですよね。

私も独身で牧師をしていた頃こんな助け手が欲しかったなぁ〜!と改めて思い出しました。
私の場合、孤独だったのと、家事能力がないのと、
人とゆっくり世間話をしたりする暇がなかったので
つくづく「おばあちゃん」のような協力者がいて、留守番がてら掃除や庭の世話をしてくれたり、
人を迎えたり訪問したりして、のんびりと茶のみ話をしながら伝道してくれたりしたらなぁ、
と思っていたのでした。
でもあまり人に甘えられなかった自分の性格のせいで一人でがんばろうとしてしまい、
かえって教会にもよくなかったような気がします。

人々の賜物を見出し「働き人」として生かしていく絵津子先生の賜物には、本当に感心させられます。

この脇本の姿を見ていて、互いに甘えさせてもらい、互いに賜物を用いて仕えあって、
家族みたいなのって本当にいい教会の姿だなーと思いました。

私もすっかり子供のようになって、朝や晩のごはん、ある時はお弁当まで作ってくださる皆さんに
「お母しゃーん、ありがとう〜」と甘えさせてもらったのでした。

また男鹿での楽しみは、とってもおいしいイタリアン!
脇本教会が始めた地域交流の場「オレンジハウス」では、教会員の息子さんシェフによるレストランもはじまったのですが、
これが本格イタリアンでものすごくおいしいのです。
今回はカニのトマトソースのパスタをいただきましたが、ほんとに東京でも味わえない絶品でした。
シェフはこだわりの人なので料理はさっとは出てこないそうですが、それがまたいい気もします。

その間に、今回奇跡の出会い!?というような
神様のおはからいによって出会えた素敵なKさん母娘とゆっくりお話をすることもできました。

お子さんのCちゃんは「すごい子だ」とみなさんが言うのを聞いていましたが、
本当にすばらしい何かをもった女の子で、私のこともお友達にしてくれたのでとてもうれしかったです。
温泉にて♪
画像

もう大分年になってしまったので子供にはもてなくなったか?と思っていたのですが、
フィリピンの子達やCちゃんの愛に励まされました。
こんな子を育てられるKさんもすごい人だなぁと思います。

画像
八郎潟でのちょっと早めのクリスマス。
大潟の上を飛ぶ鳥たち。
画像


ご用としては、八郎潟教会のクリスマス礼拝メッセージ、
画像

その後のコンサートで少しジャネット宣教師と共にMCをしたり、
いづみ幼稚園でお話をさせていただいたりしました。

なんとも力の足りないご奉仕で申し訳ない気持ちでした。
これは主観なので、主の不思議な力は知らないところで働いてくださっているとも思いますが。
せっかく「メッセージに集中できるように」と単身で行かせてもらったにもかかわらず、頭がぼーっとして何だか結局集中もできず、
かえって「ガムと子供たちになぐさめてもらいたいわ〜」と夜中に家族が恋しくなったりしていたのでした。
といっても、子供たちと一緒にいると本当に、メッセージ準備やお祈りなどに集中するのは実際問題難しいのですが・・・。

家に帰ったら、ハナがすっかりようやく乳離れしてくれていました。
ガムと3人でいい時を過ごしたようです。


次の週は宇都宮教会でクリスマスを一緒にお祝いさせていただきました!
素敵な薪ストーブ。
画像

宇都宮ではアリとハナが大喜びしたことに、ログハウスに泊まらせていただきました。
(アリはいつもおもちゃがいっぱいの「屋根裏部屋」にあこがれているのです。)
画像


二階はわりと温かく、木の効果でリラックスでき、とても快適に過ごさせていただきました。

5日間ほどお世話になり、友人であるK牧師夫妻との久しぶりのお交わりを楽しみ、
またなんだかんだいって毎食のようにすっかりK家の食卓にまぜてもらって
すっかりお世話になりました。

ずいぶん会わないうちに、子供たちがとてもいい子たちに育っていて感動しました。
K家の子供たちがうちの子達と遊んでくれたので楽でした!ありがとう♪
うちの子達もこういうところから親切を学ぶといいのですが・・・。

朝のクリスマス礼拝で私が証しをさせていただき、
イブ礼拝ではガムが証しと音楽をさせていただきました。
画像

聖霊のお働きがあって、とても霊的なインパクトのある時になったように思います。
ハレルヤ!
画像


ガムは日本のクリスマスは初めてで、こんなご馳走みたことない!とびっくり。
画像


子供たちも、私たちも、いろいろな差し入れやプレゼントをいただき、
とてもうれしいクリスマスでした。


画像
移動時、二人と荷物(前と後に一つづつ)を運ぶガム。
二人寝るとこんなことに。
画像

画像


ああ、時間がなくなってきた上に長くなってきたので、この辺で切り上げなければ。

この後の訪問先のことはまた書きます〜。
お祈りに感謝!!神様に感謝します!!!

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋田、宇都宮への旅 Akita and Utsunomiya Trip Ayako Mission 小川文子ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる