Ayako Mission 小川文子ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS おもちゃへの興奮度がすごい…Camiguin CREATIVE Corner 2nd month

<<   作成日時 : 2017/06/16 02:43  

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

夏休みがおわり学校が始まったら小さな子だけになって静かになるかと思いきや、
どっこい、新しい子がたくさん来ています。
静かな時間もありますが、
一日二回の休み時間(特に1時間半ある昼休み)と放課後にどっとやって来ます。

あまり多いのでもう数えるのもやめましたが、多分リストにしたら60名くらい来ているのでは
(一度に遊んでいるのは30名以下)…。
11歳くらいの子が一番多く、0歳から15歳くらいまでいます。

今更気づいたのですが、この場所は子供ミニストリーにはうってつけの場所だったのです。
画像
隣は幼稚園、裏は小学校、斜め向かいは中学校です。
神様は知っていたのでしょうけども。

まだみんなおもちゃに大興奮しているというかんじで、ものすごい騒ぎになっております。

休み時間になるやいなや、我先にとやってきてお気に入りのおもちゃをぶんどり、
初めての子はいろいろなおもちゃを見つけては
「見て!」と友達に見せて笑いこけ、すべてのおもちゃをつぎつぎにトライし…。

こんなにおもちゃにみんな(長いこと)大喜びするとは予想を超えていましたが、
考えてみれば今までにほとんどおもちゃで遊んだことがないのでしょう。
その上、(カミギンでは中国製のめっちゃ安くてすぐ壊れるおもちゃしか売っていないので)
見たこともないようなおもちゃばかりなのだと思います。

ティーンエイジャーの男の子たちなんかには子供っぽいのではないかとおもったのですが、
大きい子もかなり楽しそうに(おままごとセットでさえ)試しています。

そしておもちゃの使い方も、斬新です。
大人には想像もつかないような発想で遊んでいます。

ジグソーマットは手裏剣のごとく飛び交い、
ぬいぐるみのパペットはボクシング・グラブとして両手にはめられてパンチしあっており、
おもちゃの収納ケースたちは乗り物になって2-3人を乗せて部屋の中を疾走しており…
(ある意味、クリエイティブ?)

その中でなわとびしている子ら、片隅の床でパズルをしている子ら、
別のコーナーでお料理ごっこをしている子ら、
スパイダーマンやトラの衣装をつけて走り回る子ら、
騒ぎに乗じて叫びながら走り回っているアリ、
そのアリすらもかき消される大騒ぎを見つめているハナ、
画像

まだハイハイの赤ちゃんなどもなぜか無事にまじっています。
いやー、ワイルドだわ…。こんな感じの子って、日本にも存在するんだろうか…?

最近はこれを週五日朝から夕方までほぼ私一人のスタッフでやっているので、体力的には、
日本で学校に行きながらバイトやミニストリーをしていた頃のぐったり感を思い出しつつも、
上司もいなければプレッシャーもなく、
助け手がいない反面好きなようにやっていいので、
精神的な疲れはないです。

毎朝ストーリータイムをして、本を読んであげたり、
ぬいぐるみを使ってお話をしたりしています。
画像


お話は、最初の一か月は旧約聖書をやっていましたが、
最近は、パトリシア・セントジョンの書いたストーリーをしています。
ストーリー・イン・ストーリーとして聖書のお話が出てくるという、
やや複雑な形なのにもかかわらず、
これが意外とアリから大きめの子にまで好評です。
「教える」というメッセージスタイルではなく、全部が「物語」であるため、
入りやすいのかも。

たくさんの子が来てくれる時間が
アリを近所の幼稚園に送り迎えする時間とも重なっているので、
あぁ、せっかくいっぱい来てくれているのにお話できなくてもったいない、というジレンマはありますが、
どっと来るとなかなかストーリーもできない状態なので、まぁ、いいか…。
ともかく多くの子たちと仲良くなれてきているので、感謝しつつ、
少人数の時があれば柔軟にお話しタイムを設けたりもしています。


また赤ちゃんを連れてきてくれたりする近所の大人たちとも
いい関係を築けてきています。

最初のころ若干の大人たちに理解されずストレスになった時もありましたが、
子供たちからストレスを受けることは全くないことに改めて気づきました。

子供ってほんとに素晴らしい。
心が澄んでいて、たのしいのが好きで、受け入れる愛に満ちていて。

子供たちと継続的に関われて、ほんとにうれしい特権です。

I thought there would be only toddlers in the kids’ room (Camiguin CREATIVE Corner)
from June because school starts that month.
However, since schools have started,
there are a lot of new kids come in.

Actually, the Kids’ room is located at an ideal place for kids’ ministry:
Next door is a kindergarten, back is a public elementary school
and in front is a high-school (junior high)!
God knew that even though I didn’t realize that until now.
Praise God!

They rush in after morning classes to grab their favorite toys and play so much before they sit down
and open their lunch boxes.
I eat with them, feeding Ali and Hana.

Then suddenly they disappear!
The kids go back to school for afternoon classes and our place becomes quiet
only with babies left.
I usually tell stories in the morning, and even though I want to tell everyone stories
(nowadays I tell stories from Patricia St. John's books)
it’s nearly impossible to get kids’ attention while they are so excited about toys...
So I tell stories in the afternoon only if there are a few kids left.
Hopefully their excitement would be calmed down later...


<Wild and creative!?>

As I watched the kids from lying down position (while I breast fed Hana) today,
many things were passing in front of me.

Some large cases which were to put toys and blocks became vehicles for 2-3 boys riding on
as others run pulling or pushing them,
and some boys also riding on toy trucks which are not for riding (about 10x20cm big),
some running with spider-man or tiger costume on,
and jigsaw mats flying as if they were flying carpets!

Some managed to do jumping-ropes in that chaos,
and some puppets became boxing-gloves for two kids boxing
while some on the floor were solving puzzles.

Ali was running and shouting among them
but others were way too noisy jumping all over the place that I hardly noticed Ali.
Little babies like Hana just gazed at them.

I didn't expect that kids would be so excited with toys.
I guess they never had much toys whole their lives.

Some start to giggle only by holding new toys.
First comers to find out all the toys, try them one by one
and call friends to show and laugh.
Even though they have been playing for days already, still they are excited.


<Though my body is tired, my spirit is happy!>

My life turned to be pretty occupied by this place.

I go there with 2 kids in the morning,
prepare the place, welcome kids,
(most of the time I'm the only one adult there)
then after lunch I have to send Ali to his kinder (2 blocks away),
then Hana takes her nap in the afternoon.
Sometimes some kids are still there because of no class.

4pm, at the same time when I have to pick Ali up, a lot of kids come in again.
I let them play for a while before closing.
We go home for evening meal which Gam prepares for us.

My bodily tiredness reminds me my youth life in Japan that I was so busy and
dragging myself to go home every evening.
But compared to the life in Japan, it’s not so hard
because I have never be stressed by kids,
(only adults can cause me stress!)
there is no boss nor pressure of work,
and also it’s easier to watch even my own kids in this place!

Kids always give me so much joy. They are WONDERFUL!!!

I love it that all the kids like this place very much...

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おもちゃへの興奮度がすごい…Camiguin CREATIVE Corner 2nd month Ayako Mission 小川文子ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる